車のエンジンには必要エアフィルター

車のエンジンには必要エアフィルター

車のエンジンはたくさんの空気を送り込まなければ車を動かすことができません。

燃料であるガソリンを爆発させてエネルギーを生み出すには、空気が必要不可欠です。

しかしその空気が汚れていると不完全燃焼を起こし環境汚染の原因になったり、効率よくエネルギーを生み出せなくなり、燃費が悪くなります。

その為車にはエンジンに空気を送り込むところにエアフィルターが備え付けられています。

このエアフィルターは備え付けられているので心配無用という訳ではなく、エンジンに空気を送り続けていると汚れが溜まってしまって、エンジンにきれいな空気を送れなくなってしまいます。

その為定期的に点検して汚れが溜まっていたら取り替えなくてはいけません。

このフィルターは車用品店で気軽に購入できる商品で、車用品店の中には無料で点検してくれて、購入すれば取り換えもしてくれる所もあるようです。

よく車を利用する人や気になる人は今すぐ点検してみてはどうでしょうか?

エアフィルターとは何でしょうか?

エアフィルターとは、空気中にさまよっているゴミや粉塵を取り除くための物です。

エアフィルターにはエアクリーナー、エアコンディショナー、空気清浄器、クリーンルームなどに主に使われています。

エアクリーナーには自動車や航空機のエンジンを動かすための吸気フィルターに用いられるエアエレメントなどが含まれています。

エアーコンディショナーには、自動車のエアコン用の吸気フィルターのクリーンエアフィルターなどが含まれています。

このエアフィルターは用途によって使い分けられています。

例えば、50μm以上の粒子を除去するフィルターを粗塵用フィルターと呼び、主に一般空調用に用いられています。

エアコンや除湿機などの家電についているフィルターです。

エアフィルターを交換

また25μm以上の粒子を除去するフィルターは中高性能フィルターと呼び、0.3以上の粒子の除去には、HEPAフィルターが用いられています。

このHEPAフィルターは病院や食品、医療関係のクリーンルームに使用されています。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。